« ITインフラの価格 その3 | トップページ | ウイルコ 不正後上場 »

2009年4月17日 (金)

営業の要らないサービス

ITインフラの価格 その2 で書いた月額500円のECシステムについての補足があります。

実はこのシステム、非常に競争力も高く、販路拡大に悩んでいる小売店の方などへの価値提供、社会的意義も大きいので、自分が売りたいという気持ちになりました。

それで、昔からの知り合いであるその開発元の社長と会い、「自分は営業が得意なので、売らせて欲しい」と相談しました。

すると、
「うちのサービスは営業が要らないんですよ。」と、断られました(笑)。

考えてみればそうですよね。
営業しなくても、クチコミとかでどんどん広がっていく訳です。

さらに、WEB制作業者が、その顧客のシステムを請け負った際に、間に入って契約し、ツールとして使っているパターンも相当多いそうです。

で、月に500~600件ペースで、勝手にアカウント数が増加している状況なので、下手に営業なんかしてもっとペースが上がれば、バックシステムが大変だから、それて丁度いいそうです。

僕の個人的な予想では、そのうち楽天の店舗数を抜いて、日本一になるのではないかと思います。抜いた段階で、話題にできるだろうから、そこから増加が加速する可能性もありそうです。

最終的には少なくとも10万件は行くんじゃないかと思います。

こういった営業要らずの「超低価格」戦略というのも、ビジネスモデルの一つなんだなぁと感心しています。

|

« ITインフラの価格 その3 | トップページ | ウイルコ 不正後上場 »

12ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ITインフラの価格 その3 | トップページ | ウイルコ 不正後上場 »