« ビジネス書は「娯楽」である | トップページ | CO2バブル »

2008年7月10日 (木)

お久しぶりです

皆さんお久しぶりです。
真っ当な良書を見つけました。

「億万長者」とか「○億円儲けた」といったタイトルのつく本は、胡散臭い本が多いですが、この本は違います。

この本では、
・自分の得意な分野、能力が活かせる仕事は何かを見極め、
・その分野についてのスキル、能力を磨き、
・人のため、社会のために誠実に努力し、働いた結果、
・お金は後からついてきた。

といった事例が沢山書かれています。

もちろんインチキしたり、他人を貶めて合法的に金を奪うような行為によって億万長者になった輩は、世の中に沢山いるでしょうが、そういうのは決して幸せではないと思います。

何かの拍子に下がりかけていたモチベーションを、大いに引き上げてくれた一冊です。

|

« ビジネス書は「娯楽」である | トップページ | CO2バブル »

09書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212590/41792769

この記事へのトラックバック一覧です: お久しぶりです:

« ビジネス書は「娯楽」である | トップページ | CO2バブル »