« 暴落相場 | トップページ | 「明確な底打ちシグナル待ち」 »

2008年1月25日 (金)

経験することの重要性

前回のエントリーに、この暴落相場で仮に損失を被ったとしても、その経験を必ず次に活かして、損失以上に役立てることができる筈だという意味の事を書きました。

その話の続きで、今回暴落を経験して、その経験を具体的にどうやって次に役立てるのか、自分なりの考えを書いてみます。

このブログの読者の皆さんの中には、 バフェットからの手紙 を読まれた方も少なくないと思います。またその本に限らず、バフェット氏について勉強されている方も居られると思います。
「手紙」に書かれている内容を全て理解するのは非常に難しいとは思いますが、大体理解している、または重要そうな部分は理解しているという方は居られますよね。

「ミスターマーケット」が非常に感情的で、大変な癇癪持ちであるという意味の記述については難しい話ではないので、読んだ方は大抵理解されていると思います。

では・・・、

実際自分がポジションを持った状態で、今回のような暴落相場に直面し、日々含み損が拡大していく時の心理、気持ちを、それを読んだ時に臨場感を持ってリアルに想像できた人はいるでしょうか。

多分多く人は「ふ~んそうか、じゃあそういう時に買えばいいんだな」という風に考えたのではないでしょうか。それは結局表面上理解していたつもりになっていて、実は腹の底から理解できていた訳ではないですよね。

例えば一つの考え方として、今現在ポジションを持っている時点で、「そういう時」でない時に買っている訳ですから。
まあそうは言っても「底値」で買うことは不可能なので、上記考え方は理想論かもしれません。

しかし殆どの方は「割安」との評価が算出されれば、時期がどうであれ「即」買ってしまおうとしていたのではないでしょうか。やっぱり折角砥いで磨いた刀は、直ぐに使ってしまいたくなりますよね。僕自身もそうでした。
だからこそ、大幅な含み損を抱えている訳です。

今年の8月に急落した時、「こういう時にこそ買うべきだ」と思ったし、どこかで書いたかも知れませんが、それより遥かに下がってる現時点で、「いや、やはりこういう時だ」と再び思うのです。

しかしこの先もっとヒステリックに暴落する可能性だってある訳ですし、そうなれば、今はまだ買いではないとなるかも知れません。

ですから、そうやって究極の場面を身をもって経験することが大切だと思うのです。
これまでの人生の間、もっとひどい暴落があったのかも知れませんが、問題は「バリュー投資としてのポジションを持っていたか」という事であり、持っていなければ何の痛みも実感もなく、「経験」とはなりません。

まあごちゃごちゃと色々書きましたが、結論としては、自分勝手割引率(Ke)が10%で割安とか言ってる間は、まだまだ甘いということです。
今後は最低でもKeを20%~30%に設定し、それで割安と算定できた場合にのみ、買い出動をしようと考えています。

もちろんそれが結果的に正しいかどうか現段階では解りませんし、実際にそれを実践できるかもわかりません。
しかし、もしそれがダメだった場合でも、何故ダメなのかをきちんと検証し、次に繋げればいいだけの話です。

大切なのは間違っているとしても、自分が正しいと考える仮説に基いて、「試してみる」という事だと思います。

前にも引用しましたが、すごく好きなエジソンの言葉を再度引用します。

私は実験において 失敗など一度たりともしていない。これでは電球は光らないという発見をいままでに、2万回してきたのだ。
(トーマス・A・エジソン)

|

« 暴落相場 | トップページ | 「明確な底打ちシグナル待ち」 »

05自由と豊かさを得るには」カテゴリの記事

コメント

更新ありがとうございます
読めば読むほど勉強になりますねぇ

エジソンの言葉素晴らしいです
なるほど・・・こうゆう考え方
なんですね

赤井英和風に言えば「逆に」なんですね。

投稿: kobapin | 2008年2月 4日 (月) 18時15分

kobapin さん

いつもコメント有難うございます。
今回出張していてレスが遅くなりすみませんでした。

投稿: bigapple | 2008年2月 7日 (木) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212590/17807178

この記事へのトラックバック一覧です: 経験することの重要性:

« 暴落相場 | トップページ | 「明確な底打ちシグナル待ち」 »