« メリー・クリスマス! | トップページ | 暴落相場 »

2007年12月25日 (火)

「ザ・プロフィット」利益はどのようにして生まれるのか

このブログを見ていただいている誰かが、アマゾンで購入されたログがあり、すごく面白そうだったので、即注文して読んでいます。

ヒジネスモデル = バリュードライバー = 利益の源泉 の幾つかのパターンを把握する上で、非常に勉強になります。

様々な企業価値評価(バリュエーション)をする上で、非常に重要なのはビジネスモデルを把握する事です。

板倉さんはセミナーでよく、

・タッカーとフォード
・トヨタ
・アマゾンとセブンイレブンの比較
・ソニーのPS3と任天堂の比較

などを例に挙げて、ビジネスモデル=利益の源泉を解説しています。

しかしそれ以外の会社のバリュエーションをしようとした時、その会社の真のビジネスモデルがなんであるのか、突きとめられない場合も多いのではないでしょうか。

例えば、単純に「技術力」とかで片付けていないでしょうか。

この本では、読みやすい物語形式によって、23のモデルを解説しており、色々な気づきが得られるとともに、ビジネスモデルが体系的に整理、理解できると思います。
さらに一つの例を紹介するごとに、同じモデルの他の例を考えさせるように書かれており、真剣に考えれば相当なトレーニングになります。

気付きの例を幾つか挙げます。

例えば、「製品ピラミッド利益モデル(ファイヤーウォールで利益を守れ)」の項目を読むと、バービー人形の会社がこれに該当する例として紹介されていますが、トヨタはまさにこの仕組みも実践していると気付きます。

さらにバフェットの投資先である「コカコーラ」のバリュードライバーは、これまで「ブランド」だと片付けていました。
しかし「マルチコンポーネント利益モデル(同じ製品で異なるビジネスを)」にも該当する事がわかり、「う~ん、なるほど!」と関心させられてしまいます。

企業価値評価をする前提知識として、超オススメの本です。

|

« メリー・クリスマス! | トップページ | 暴落相場 »

09書評」カテゴリの記事

コメント

一読しました。
企業のビジネスモデルを考える上で大変参考になりました。これから各モデルについてじっくりと考えていきます。
バリュエーションをする上での辞書的な位置付けで使っていこうと思います。

投稿: うえしま | 2008年1月 5日 (土) 12時28分

うえしまさん

コメント有難うございます。

全く同感です。
僕も辞書として、手元に置いておこうと思います。

投稿: bigapple | 2008年1月 6日 (日) 22時57分

今年も宜しくお願いいたします

ここのブログで色々勉強させて
いただきたいと思っております。

投稿: kobapin | 2008年1月14日 (月) 12時02分

kobapinさん

こちらこそ宜しくお願いします。

投稿: bigapple | 2008年1月14日 (月) 13時56分

阪神淡路大震災から13年が経ちましたね
深江付近の阪神高速神戸線の倒壊は今では
嘘のような感じがします
あの時当たり前のように感じてたライフラインの大事さ等々今一度再確認しようと思います

亡くなられた方に今日は黙祷です。

投稿: kobapin | 2008年1月17日 (木) 18時27分

kobapinさん

13年とは早いものですね。
直後には沈んでいた神戸にも、最近はだいぶ元の活気が戻りましたね。

投稿: bigapple | 2008年1月18日 (金) 07時54分

最近のミスターマーケットも無茶しまくりですねぇ、現物長期保有の私も流石に気分的に滅入ってきました、今回のゼロサムゲームは青い目の一人勝ちなんでしょうかね・・・?

投稿: kobapin | 2008年1月22日 (火) 17時26分

kobapinさん

ロンドンで働く某投資銀行の人によると、バリュー投資家は売っておらず、ヘッジファンドなどの投機家が「価値」に関係なく売っているそうです。

その話とは別に僕個人としては、仮にこの相場や世界的なリセッションなどで、投資先の「価格」だけでなく「価値」が減少して、現在の含み損が実現化したとしても、ポジションを持った状態でこの相場を経験したことは、後々必ず損失以上の利益をもたらすための「学習」になると思うのです。

というより、そうなるように心掛ければ、可能だと思うのです。

それは空元気などではなく、実際にベンチャー失敗で財産の大部分を失った自分自身の経験や、それ以上に自己破産でさらに多くを失った板倉さんを見ていて、確信を持ってそう思うのです。

投稿: bigapple | 2008年1月22日 (火) 19時22分

bigappleさん

的確なご指摘、勇気つけられました
ありがとうございます
経験だけはお金では買えないのですごく
重みのある話です。

投稿: kobapin | 2008年1月22日 (火) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212590/17451534

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・プロフィット」利益はどのようにして生まれるのか:

« メリー・クリスマス! | トップページ | 暴落相場 »