« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月に作成された投稿

2007年11月29日 (木)

相場でもビジネスでも投資手法でも、何でもそうですが、波というのがあると思います。

例えば投資手法についてですが、以前から結構うまく機能していた手法が2つぐらいあるのですが、現在はどちらも今一の状態です。
元々、それらの手法で未来永劫利益を出せる訳ではないと分かっていたので、当然それ以外の方法や手法についても、研究したり学んだりしています。

もちろんその一つは、企業価値をきちんと算定することによって、「投資対象企業を運営している人に手による価値創造」の恩恵に預かる「価値創造投資(バリュー投資)」なのですが、この投資方法は長期スパンが基本なので、短期間でそう簡単には結果が出ません。

そこで、投資先がじっくり時間をかけて価値を創造してくれている間に、常にまた別の手法も研究しようと考えています。
その対象となるアイデアは山ほどあって、有望そうなものから、調査・検証を行っているのですが、多分そのうちの多くは使えないものだと思います。

しかし多くを試すうちに、必ず上手くいく方法は出てくるはずですし、どれだけ有望な多くの可能性を試すかによって、その結果も違ってくると思うのです。

これは何も投資手法に限らず、ビジネスにおいても全く同じで、現状に安住するのではなく、常に危機感をもって次の手を考え、適切な手を打ち続ける企業だけが、生き残るのだと思います。

タイトルに「波」と書いたのは、別にそれを当てにする訳ではないですが、最初に書いた2つの手法にも波があって、歴史的にみて上手くいく時期と、そうでない時期を繰り返しています。

つまり有効な手法を開発し続ければ、それらの多くの手法があたかも「事業ポートフォリオ」のように機能するだろうということです。
ですから波の周期を感じとり、現在位置する場所を意識することによって、適切な行動をとっていればよいと思うのです。

PS)
試行錯誤にまつわる語録をググってみると、偉大なる人たちの名言が沢山出てきました。

失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたい。
(松下 幸之助)

チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。
(本田 宗一郎)

私達のやるべき事は成功ではない。失敗にも負けずに突き進むことである。
(スチーブンソン)

私は実験において 失敗など一度たりともしていない。これでは電球は光らないという発見をいままでに、2万回してきたのだ。
(トーマス・A・エジソン)

何かを学ぶためには、自分で体験する以外に、いい方法はない。
(アルベルト・アインシュタイン)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

なぜ利益を上げている企業への投資が失敗するのか

会計上の利益が当てにならないという観点では、DCF法を使った企業価値評価と同じ考え方です。
この本では我々が普段使っている方法とはまた違った独特の計算方法で、投資対象企業の評価をするのですが、そのロジックからして、大きく間違ってはないと思います。

この本がユニークなのは、「研究開発費」と「広告宣伝費」を、「費用ではなく資産」としてみなし、あたかも「設備投資」と「減価償却費」のように扱う独特の計算方法を採用している点で、面白いと思いました。

DCF法による企業価値評価を、また別の切り口でみるという点で、面白い内容だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

レバレッジ・リーディング

既に読んだ人も多いと思いますが、遅ればせながら読んでみましたので、感想などをご紹介したいと思います。

まあ悪くはないですが、突っ込みどころも結構ありました(笑)

要約(筆者が言いたいであろうこと)
1.本一冊に1500円を投資したら、100倍のレバレッジが効いて15万円になって返ってくる。
2.一冊の本の全ての文章が重要な訳ではないので、時間をかけず、斜め読みをしながら重要な部分のみを抽出して重点的に読み込む。
3.そして週1冊~1日1冊ペースの「多読」によって、知識の量を確保する。
4.そのために、自分の金で買って、重要部分に線を引き、そのページの折り目をつけ、後で参照できるようにする。
5.本代は100倍になって返ってくるので、汚しても、折ってももったいないとは考えない。
6.大切なのは本で得た知識を活用することである。

で、僕の感想なのですが、この本に書かれているいい部分は活用すればいいのですが、全て真に受けるのは宜しくないですね。

そういう「突っ込みどころ」について書こうとしたら、次々にその項目が泉のように脳内に湧き出てきて、書いてる途中で多すぎて書ききれなくなりました(笑)。

仕方ないので、忘れないうちに項目だけでも箇条書きにしたのですが、それだけでも十数~二十項目ぐらいあり、ワード1ページ分ぐらいになります。
それら各々について詳しく展開して書き出すと、何ページになるのかと考えたら、面倒くさくて書けなくなりました。

ざっくり要点だけ書くと、「読んで得た知識を実際に活用しないと意味がない」と、何回も強調してはいるのですが、そこについての書き方の説得力が欠けるというか、そうは言いつつ、(ビジネス上での成果を目的とするなら)筆者は実践やアウトプットと比較して、インプット側に過度に傾いている気がします。

まあ知識を得るための読書も楽しいので、別にいいのですが。

それと筆者は「質」より「量」を重視しており、「本からの知識」はあくまで知識に過ぎないのですが、それを高く評価しすぎている気がします。

あと笑えるのが、「レバレッジ」の意味が正しく使われておらず、「リターン」と混同しています(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

行動ファイナンス

う~ん・・・

前半の理論部分は、結構良かったのですが。
後半に、ではその理論を踏まえた上で、どのようにトレードすれば良いパフォーマンスを上げられるかの、具体的な「心構え」が書かれています。

その書かれている「心構え」が、巷で散々言われてる内容や、相場の格言などとあまり変わらず、「損ぎりを早く!」的な内容ばかりで、前半での折角の理論が活きていないと思います。

前半の理論は、心理学や脳科学に基づき、実験結果なども交えて展開され、「うんうん、なるほど」と思いながら、読んでいました。
確かにかなり納得できる内容であり、それらを応用すれば、非常に面白いのではないかと、「ワクワクしながら」読んでいました。

結局この本からは、それらの「事象・事実」をもとに、トレードなどにどう応用するかの良い方法は得られなかったわけですが、これについては読んでる途中から色々と考えています。

しかし、今のところナカナカ「コレ!」といったアイデアは浮かんできてません。

が、何か面白そうなポテンシャルはヒシヒシと感じているので、もう少し自分なりに考えてみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

最近思うこと

久しぶりの更新となります。

最近色々と考えていて、思うのが、
「長期スタンスで投資を行う場合の、待つことの大切さと難しさ」
です。

バフェット氏は、欲しい価格になるまで何年も待つとのことですが、これがそう簡単ではないですね。普通の感覚なら、欲しいと思ったらすぐに買ってしまうか、少し下がるのを待って買ってしまう。

ここまで相場が下げてきて気付くのですが、今ノーポジで、これから買いに入るぐらいだったら、長期までいかなくても相当楽に儲けられるんだろうなと。

逆に今含み損を抱えたポジションを多く持っていたら、「安い」と頭ではわかっていても、これ以上リスクを増やすのが怖くて、なかなか買い増しする勇気を持てないと思うのです。
(と書きつつ、今日ある銘柄を「勇気を出して(笑)」買い増しました。)

だからこそ、本当の意味での投資は「一生のうち20回あればいい方」なのですね。

今回、この点を学習したつもりなので、今後に活かしたいと思います。

PS)
実は書こうと思ったことは、もっと多くの内容を含んでいるのですが、全部書くとものすごく量が多くなり、また文章をまとめるのにも労力がかかるので、上記だけでやめときます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »