« 計算問題の補足 | トップページ | ダブルカウントと自社株買い ~ 久々の合宿セミナーを終えて »

2007年6月23日 (土)

金融商品の罠 - 番外編

番外編として、ダイヤモンドの特集記事の中の、囲み記事で書かれていた、
「法人・富裕層向け商品(中略)"猛毒仕組み債"の本当の恐怖」について、紹介したいと思います。

※板倉雄一郎事務所プレミアMLをお読みの方には既にご紹介済の内容です。

その「猛毒仕組み債」とは、パワー・リバース・デュアルカレンシー債、通称をPRDC債と呼ぶらしいですが、特徴として、

・オプションの売りと、レバレッジを使い、
・当初は見かけ上、高利回りを実現し、
・実は、多大なリスクを含んでいるが、
・30年などと償還までの期間が長いため、
・そのリスクの顕在化が発覚しにくい商品

なので、30年後にはもういない財務担当者が、当面の「運用評価」を得るために、「麻薬のように」手を出してしまうらしいです。

つまり富裕層向けだからといって、我々に関係ない訳ではなく、もし投資先企業が、積み上がった現金を財テクに回しており、このような仕組み債を買っている場合に注意しなければならないという事です。

やはり投資先企業を選定する際は、有価証券報告書をよく調べて確認する必要がありますね。

PS)
実は今回紹介したダイヤモンドと同時期に、「プレジデント2007年7.2号」をどこかで手に取ったのですが、結局読めずじまいだったので、読みたくて、ネットで取り寄せました。

最初の方に、エッセンスやキーワードをまとめた「言行録」というのがあり、これがすごくいい感じの事を書いていたので、期待して読み進めました。

プレジデントを真剣に読んだのは、初めてだったのですが、途中からその内容がすごくアホな内容になり、一瞬「ネタか?」と疑ったほどです。結構笑えるので、次回紹介しようと思います。

PS2)
実は昨日の飲み会の席で、コワモテさん(そりあんかんわ「そらアカンわ」と読むらしいです)から、「きっとつまんないですよ」と予言されていたのです。コワモテさん、その通りでした。

てか、すごく笑えて面白かったです(笑)

|

« 計算問題の補足 | トップページ | ダブルカウントと自社株買い ~ 久々の合宿セミナーを終えて »

04理念の重要性」カテゴリの記事

09書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212590/15537726

この記事へのトラックバック一覧です: 金融商品の罠 - 番外編:

« 計算問題の補足 | トップページ | ダブルカウントと自社株買い ~ 久々の合宿セミナーを終えて »