« 金融商品の罠 - その5 | トップページ | 金融商品の罠 - その6 »

2007年6月21日 (木)

アフィリエイトで月収○百万?

セミナー卒業生で、優秀な頭脳を持ったEさんが、Yahoo と Google について書いています。Googleに対する評価や、楽天の存在価値を問う内容など、同意できる点が多くあります。

その文章を読んでいて思い出したのですが、「アフィリエイター」という職業があるらしいです(笑)。名前の響きからして「デイトレーダー」と似てませんか?(笑^2)

僕の知ってる限り、彼らアフィリエーターの儲け方はこうです。

1.SEOを研究する。
2.儲かっていて、アフィリエイト報酬の高い提携先を探す。
3.システムなども駆使して、「大して意味のない」Webページを大量
  に生成する。
4.そのWebページを検索結果にヒットさせて、2.の提携先へと
  導く。
5.提携先から実績に応じて、報酬をもらう。
6.○○円儲かったと自慢する。
7.そのご自慢のノウハウを情報として売り、さらに儲ける。

という感じだと思います。


ここで重要な点は、Googleなどの無料で便利に利用できるサーチエンジンは、ある意味で既に社会の「インフラ」となっている点です。

それを考慮しながら、1.~5.を別の見方で説明すれば、こうなります。

・SEOを駆使して、
・サラ金、美容整形などのボッタクリ系の会社、商品の宣伝の
 ために、
・スパムのように大量のWebページを社会に撒き散らすことにより、
・インフラであるサーチエンジンの上位表示を独占し、
・その結果として報酬を、ボッタクリ会社から分けてもらう。

という行為なのです。


さらに6.7.ともなって来ると、板倉さんが最も許せないと言っている、「デイトレを教えて金を儲けている人間」と、全く同じレベルになって来ますね。

皆さんも検索結果に、変な宣伝みたいなのが多く混じって、鬱陶しいと思ったことはありませんか?

PS)
金融商品の罠シリーズは、まだ終わった訳ではありません(笑)。
この後、最後のまとめ6を書きますので、宜しくお願いします。

PS2)
ある程度予想はしたのですが、タイトルを見て、その手の「勘違いサイト」から、変なトラックバックがどんどん来るので、この記事はトラックバックを受け付けない設定にしました。
ほんと迷惑な連中です。

|

« 金融商品の罠 - その5 | トップページ | 金融商品の罠 - その6 »

04理念の重要性」カテゴリの記事

コメント

紹介ありがとうございます!

アフェリエイターといえば、この会社
utube
というチューブ会社で、YOUTUBEと間違えられてYOUTUBEに迷惑だと訴えながら、TOPに
出会い系サイトなど広告を各種掲載しています(笑)
http://www.chikawatanabe.com/blog/2007/06/utubeyoutube.html

アフェリエイター暗躍?でしょうか。

でも、この場合は少し面白いです^^


投稿: えな | 2007年6月22日 (金) 02時00分

えなちゃん

確かに笑えるね。
じゃあタイポ狙って、ahoo(アホー)はどう?

投稿: bigapple | 2007年6月22日 (金) 02時10分

そういえば、全然優秀な頭脳はもってないです(笑)
つっこむの忘れていました。

ahooかぁ。
なんか考えればいろいろありそうですね。

そういえば、goolgeとかタイポしたwebページひらくとPCにすごいウイルスがくる動画を昔見たことがあります。画面がフォルダだらけになっていました。
(絶対実施しないようにって書いてました。もちろんしていません)
webには悪意の存在があるのですよね。
なんのメリットもないのにそういうのつくる人がいるなんて。

投稿: えな | 2007年6月22日 (金) 13時30分

えなちゃん

goolge 恐ろしいですね。

関係ないですが、学生時代、つまらない授業中に、
「ddidas」とか「hike」とか考えて遊んでました(笑)

投稿: bigapple | 2007年6月22日 (金) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金融商品の罠 - その5 | トップページ | 金融商品の罠 - その6 »