« ビッグ3の恥知らずなイチャモン | トップページ | 金融商品の罠 »

2007年6月16日 (土)

大規模大金収集装置のその後

最近バタバタしている間に、収集装置が上場したようですね。
110万円の公募価格に対して、現在の株価は85万円です。

それでも時価総額は254億円と、ありえない数字だと思います。

|

« ビッグ3の恥知らずなイチャモン | トップページ | 金融商品の罠 »

11IPOの矛盾と欺瞞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212590/15458541

この記事へのトラックバック一覧です: 大規模大金収集装置のその後:

« ビッグ3の恥知らずなイチャモン | トップページ | 金融商品の罠 »